2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月30日 (金)

困った

おせっかいおばさんおじさんは
解決しようとするからややこしくなる
自分の思い通りにならないと怒るし

***

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「ネタニヤフ政権の半年」
 イスラエルでは司法判断を議会の決定で変えることができる法案が進められていて、反対するデモも起きています。
 しかしネタニヤフ政権の支持は特に変化ないみたいです。
 アメリカとの同盟も強固とされています。
 一方で、ヨルダン川西岸の混乱は、後々問題になりそうです。

2023年6月29日 (木)

物があっても配れない

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「武力衝突続くスーダン 支援の現状」
 スーダンではぐんと準軍事組織の間で衝突が続いています。
 支援物資は世界各地からポートスーダンに集まっていますが、危険なため国内に配ることができないとのことです。


深夜便
ワールドネットワーク
アメリカ・ロサンゼルス
 アメリカの最も新しい祝日は6月19日。
 これはリンカーン大統領が奴隷解放宣言をして、南北戦争が終わった後に最後に奴隷解放が成った日、1865年6月19日にちなみます。
 もう一つは大谷選手の活躍の話題。

2023年6月28日 (水)

第3の男

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「台湾総統選挙 第3勢力に勢い」
 民進党、国民党に加え、民衆党が第3の勢力として台頭してきました。

あかね
 なんか中国共産党がどう出てくるかも気になるわね。

すおう
 キューバのこととか、違法ドラッグのこととか、米本土が対中国で加熱したら、実は台湾どころの話じゃなくなるかも。

***

 岸田さん、もういろんなとこのポチとか。
 自分がないとか。
 だからあんなに無色で、スキャンダルらしきものもないんだろうな。
 野党が攻撃できないわけだ。
 単にZのポチだからと思っていたけど、そうじゃなかった。

 あと外国はどこも信用できませんね。
 国に守ってもらうことも期待できない。
 一身独立して一国独立す。

2023年6月27日 (火)

月で作ろう

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「宇宙の『衣食住』研究最前線」
 再び人類を月面に送る計画が進んでいます。
 また月に基地を建設し火星探査の足掛かりにしようとしています。
 そんな中、付きで食や住を作ろうという研究が始まっています。
 更に宇宙服についても改良が研究されています。
 この分野で民間企業、ベンチャーが活発に動いているというお話でした。

***

 共産党の皇統否定は日本のためとか日本のためとか世界のためではない。
 あれは共産党というか共産党の中の人をちやほやしたり、敵を支配したりするのに邪魔だからである。
 何より意味が無いのは、皇統や日本政府が瓦解しても彼らはちやほやもされず敵を支配もできなくて、なおかつ表の理由とする世界平和もないことだ。
 他人の不幸を楽しみたいだけという説もあるが、できるのかね?

2023年6月26日 (月)

テレビ考察

すおう
 テレビはなかなかやっかいなメディアで、けっこうテレビの話にみんな影響を受けるのよ。
 それが良いかどうかもあるけど、まず役立つかどうかから考えましょう。
 まず、日本のテレビの良いところは、気象・地震の情報が豊かというところ。
 専門家のレベルもなかなかのもの。
 あと教養レベルの番組の中にも良いものはあるの。

あかね
 評価してるのね。

すおう
 良いところはね。
 続いていまいちなところを。
 ニュースやワイドショー、バラエティー、討論など、残念ながら役に立たないわ。
 どんな出演者にも中学生にわかる様にとか、3分で説明してくれとか。
 あと専門ではない人に高度な判断を求めるとか。
 内容がどうしても混乱してしまうのよ。

あかね
 ニュースはいいんじゃない?

すおう
 ニュースが長時間になってワイドショー化したらレベルの維持は難しいわね。
 ドキュメンタリーなど政治色の濃いものも危ないわ。
 テレビは視る人も作る人もよくよく考えて利用するのがよさそうね。

***

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「北朝鮮、偵察衛星”失敗”認めた会議」
 この前北朝鮮が打ち上げ失敗した偵察衛星の話題。
 失敗したということで関係者が処罰を受けることになりそうです。

さくら
 東側の国は失敗したら大変ね。

しろぎつね
 失敗したらその失敗を糧に改良して技術を上げるという道があるんだが、こうなるとどうなんだろう。
 あと気になるのが、無能が粛清されて有能が抜擢されるのか、有能が粛清されて無能がその地位を埋めるのか。

さくら
 いや~、どうなんだろうね。

2023年6月25日 (日)

まおゆう

しろぎつね
 昔2007年、中国の軍人が米国の軍人に太平洋を二分する案を披露したらしい。
 更に2023年、中国の偉い人が米国の偉い人に世界を二分しようという旨の話をしたようだ。

さくら
 まるで
 魔王「わしの味方になれば、世界の半分をお前にやろう!」
 勇者「だが、断る!」
 だよね。

***

NHK
マイあさ
海外マイあさだより
アメリカ・カリフォルニア
 ハリウッドの脚本家たちが、仕事の量が増えているのに賃金が上がらない、再放送などの印税が不利になっている、生成AIの規制、学習用の原稿などの著作権の問題などで抗議の声を上げています。
 脚本家たちのストのために番組その他に影響が出始めているそうです。

2023年6月24日 (土)

福島を集中攻撃する左の界隈

あかね
 韓国メディアから、日本の外務省がIAEAに献金というニュースが出た時何事かと思ったわ。


すおう
 外務省は即否定したわね。


★外務省幹部とされる人物とのALPS処理水の取扱いについての面談に関する報道について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press5_000052.html


 ここら辺の顛末は上念さんのYouTubeでまとめられているよ。



あかね
 あとそこでも取り上げられているけど小野田さんのTwitterで中国のトリチウム海洋放出の話があったね。
 日本の界隈はこれには黙っているのよね。






すおう
 韓国の偽情報も、中国の海洋放出の話も、日本の活動家の反対運動も、どれもこれも左舷からの攻撃なんだよね。
 うざいわよね。


***


NHK
マイあさ
海外マイあさだより
台湾
 台湾では身分証(日本でいうマイナンバーカード)があって、紙製です。
 1949年、大陸で共産党国家が成立したことから、大陸からの浸透を防ぐために全員が作ることになったという歴史があります。
 ICカード化も計画されましたが、国民の意見が割れて何度も中断しています。
 ただ、台湾では健康保険カードがICカードとして全員に配布されています。
 身分証と統合するのは反対な人が多いということみたいです。
 日本といろいろ比較できますね。

2023年6月23日 (金)

漫画アニメ

さくら
 何か事件があった時に犯人の家から漫画やアニメが発見されたとかいうよね。
 あれって嫌いよ。

しろぎつね
 ふむ。
 読むものであれば、どこの新聞をとっていたか何の書籍を読んでいたかの方が有用ではないか?

***

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「対ロ制裁の抜け道?対策続けるカザフスタン」
 カザフスタンはロシアとの経済面での結びつきが強く、対ロ制裁にも加わっていません。
 それ故対ロ制裁の抜け道ともされ、半導体や無人機のロシアへの輸出が増えていることが見つかっています。
 カザフスタンにはこれからも欧米からロシア対策を求められることになりそうです。

さくら
 ロシアともアメリカとも仲良くしなくちゃいけないし。
 大変よね。

2023年6月22日 (木)

アイドルだね

すおう
 IT技術者が最近人気だけど、若いのは人気があるけど年取ったら見向きもされなくなるね。

あかね
 なんだかアイドルに似てるね。

すおう
 その喩えは辛すぎる・・・

***

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「ウクライナ兵士の心のケア 現状と課題」
 ロシアウクライナ戦争で、前線で戦い重傷などで後方に戻った兵士のトラウマなどがやはり問題になっています。
 リハビリ施設も対応が間に合わない状況で、医療スタッフも不足しています。


ワールドネットワーク
オーストリア ウイーン
 ウイーンにあるプラーター公園と150年前のウイーン万博の話題。

2023年6月21日 (水)

寺島さんと森永さんのラジオを聞いて雑感

〇財政再建

しろぎつね
 財政再建は昭和56年から言われているので、ずっと財政再建を言っていることになる。
 1989年に財政再建の一翼を担う消費税が始まったが、そこから経済は伸びなくなった。
 財政再建は民から公への資金の移動であり、民間窮乏しか出てきていない。
 財政再建を言う人は惰性で言っているか、もしくはそれも見ていない不勉強者だろう。

〇少子化対策

しろぎつね
 少子化対策も1990年代から言われ続けているが、どうにもなっていない。
 海外、特に西欧の事例を挙げる人がいるが細かく調べると主に移民によるブーストで、しかも移民2世からは効果がない数字が表れている。
 要するに世界中で少子化対策が上手く行った国はない。
 少子化対策として支援団体(天下り先)とばらまきが目論まれているが、最終的には増税になって、民間から公共に移動する方が多くなりそうである。

 財政再建と合わせて両方とも実質的増税で、しかも何も成すことができないという悲しいお知らせになる。

〇外国人労働者、移民

しろぎつね
 人手不足を外国人労働者で補填するというが、実質的には安い賃金で雇用したい企業側の判断である。
 あと少子化を移民で数字操作する意見は上述の通り意味が無い。
 外国人が日本に来ることで、外国人が日本で生活できるようにする言語や社会教育、日本に存在しなかった人のための社会資本、衣食住、インフラ医療、法的環境などの整備は、国や自治体、民間に委ねられている。
 企業の経営を支えるために、税金その他民間のリソースを奪うというのは企業倫理的にどうなのかという問いは必ずあるだろう。
 企業側は儲けた分の一部でも民間にかけた迷惑を修復する予定はあるのだろうか。
 その気概がある企業があることを願う。

〇転職のススメ

しろぎつね
 政府のリスキリング(笑)支援。
 20代とか若くて転職したい人には良いかもしれない。
 一方、40代以降にとっては体よいリストラ支援策になってるんじゃないか。
 人を大切にしない企業は早晩、ね。
 巫蠱の術が採用できるのはまず大企業だけで、しかもその副作用はおぞましい。
 知ってても使わんよ。

〇財政再建II

しろぎつね
 ああ、国と地方の役所で言い忘れたが、天下り先とか特殊法人とか多く抱えているところはコストセンター、税金食いだ。
 こうなると、天下り先を米櫃というZが日本で最大のコストセンターだろうな。
 冗談抜きで。

***

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「ベトナム 経済成長の陰で」
 新型コロナで親を失った子供たちが、経済成長から取り残されているという話題。

2023年6月20日 (火)

こういう筋もなくはない

〇日本女性が狙われている その1
https://note.com/sachi_darwin/n/n2e6c8aa14628

すおう
 なんかSNSで、支援団体が
 日本女子に日本男性への嫌悪感を刷り込み
 日本女子に海外男子への憧れを刷り込み
 同時に海外男子に日本女子はカモと刷り込み
 日本の男子女子の離間工作を行い
 日本男子は日本女子を守る気が失せていると。

あかね
 いやあ、見事な話だが、全体での影響力がどれくらいかは知りたいな。


NHK
マイあさ
ワールドリポート
「ウクライナの美術品 ヨーロッパで保護する動き」
 ロシアウクライナ戦争でウクライナにある美術品が戦火に晒され、また保管上の問題もあってヨーロッパ方面に移送、保護する動きが進んでいるそうです。

2023年6月19日 (月)

フラグが立つ

しろぎつね
 どうした、複雑な顔をして。

さくら
 工場のところでね、
 「怪我無く無事に帰ろう」
 という幟(旗)が立っているのよ。

しろぎつね
 フラグを立てるな、ということか・・・


NHK
マイあさ
ワールドリポート
「活発化する日韓シャトル外交」
 政治経済や民間での日本と韓国の交流が活性化。
 日本に行くのに周りの顔色をうかがう必要がなくなったとか。
 韓国のスタートアップ企業が日本進出とか。

さくら
 高橋説(サミットの成功を米国に依頼したため、米民主党の要求を飲まなくてはならなくなった)を考えると、ユン大統領の戦中議論(反日)抑制と同時に、岸田首相が韓国のホワイト国復帰、通貨スワップ、レーダー照射問題不問という日韓双方への米国の圧力、ということなのかな。

しろぎつね
 ホワイト国復帰のタイミングはよくわからん。
 レーダー照射問題不問は自衛隊からは不評だ。
 通貨スワップは日本国内では人気がない。

さくら
 問題が複雑になりすぎてわからないわ。

2023年6月18日 (日)

LGBTなどの件で

すおう
 結局温泉やトイレでトランスをアイデンティティする男性が入ってきたときに女性が声を上げても、管理者は女性の方を注意するという流れができてるってことなのかな。

あかね
 LGBT>女性
 の構図よね。

すおう
 埼玉県で水着撮影会が共産党の言いがかりで中止に追い込まれたのは
 共産党>水着撮影/女性/埼玉県
 ってことね。

あかね
 温泉むすめがあったね。
 コラボ/共産党系>温泉・後援企業/イラスト/表現の自由
 ね。

すおう
 なんか全体的に香ばしいなあ・・・

あかね
 中国だと
 共産党>人民の命/大学生
 共産党>政治の自由/香港自治
 だもんね。

すおう
 左辺の色がすごいわね。


NHK
マイあさ
海外マイあさだより
アルゼンチン
 アルゼンチンから少年少女の広島旅行の話題。

2023年6月17日 (土)

中国とか台湾とか

NHK
深夜便
アジアリポート
中国・上海
 中国ではコロナ後は近場で外遊びが流行っています。
 夜市とか公園キャンプとかですね。
 公園キャンプは日本の花見の様に盛況ですが、同時にトラブルも多いようです。


台湾・台北
 台湾で今話題は与党幹部のセクハラ疑惑。
 政治問題そっちのけで騒がしいです。
 一方で台湾の女性の社会進出割合は世界有数。
 そもそも総統が女性ですからね。


マイあさ
海外マイあさだより
中国の大学入試
 中国の大学入試、孝高が6月に行われましたのでその話題です。
 ちなみに妙佛さんのところでも中国の大学入試関連のお話でした。

★06-17 大学受験終了で激増する中国の離婚
https://www.youtube.com/watch?v=YsLylNhiqMk

2023年6月16日 (金)

銀英伝・野望篇より

「そういえば、似たような団体があったな。フェミニスト、あれはいまどうしている?」
「よく知りませんが、団員のかなりの数が、LGBTに入信したそうです。まあ、よく似た思想ですからね、違和感もないんでしょう」
「バックも同じかな」

 

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「英国ハリー王子対大衆紙の裁判闘争」
 不法な情報収集についてハリー王子と大衆紙の対立になっています。
 ゴシップ記事なら被害者のプライバシーも売り出すという面の皮の厚い連中との闘いです。

さくら
 お母さんのダイアナ妃もパパラッチ被害の末に亡くなっているもんね。


深夜便
ワールドネットワーク
アルゼンチン・ブエノスアイレス
 アルゼンチンへ旅行する人が増えているという話題。


フランス・パリ
 物価が高くなって、有機食品の売り上げが落ちているという話題。
 それでも有機ワインは順調なところがさすがフランスといったところ。
 一方でフランスは女性の喫煙率が2割超となかなか高い。
 背う府はまだましな電子タバコに誘導しようとしていますが、さて。

今回のLGBT法案に見る社会運動の図

 これは実際に提案・成立する法案ではなく、社会で起きることの羅列であり、思考実験のようなものである。
 そうはならんやろ、という意見は当然出てくるだろう。
 平行世界でのできごとだと思ってもらうと良い。

 今回人々が問題にした点はいくつかある。
 代表的なものは以下の様になる。
・偽LGBTが犯罪に悪用
・支援団体による公金チューチュー
・初等中等教育への授業時間割込み
・女性競技への肉体的優越者の賛歌による不利益
 これによりLGBTの人が懸念するのが
・今まで理解があった人々の一部がLGBT敵視に変化することの恐れ
 となる。

 ざっくり言うと法案の内容がどうなろうと(本当に内容はどうでもいい)、今回のケースだとLGBTが「貴族」になってしまう。
 普通のLGBTの人は普通でありたいと思っているから貴族化は望んでいない(だから反対意見が多い)。
 貴族になってしまうと人々は敬して遠ざけるし、貴族内部の階級闘争は始まるし、そりゃいやだろう。
 当然貴族化を望む人もいるので大変である。
 更に貴族に群がるハイエナども(公金チューチュー)が増殖する。

 日本は歴史的にLGBTが理由で処刑されたり投獄されたり、LGBT作品が禁書になったりする国ではない。
 敢えて言うと、LGBTがなければ日本の文化歴史は成り立たない。

 偉い人にはそれがわからんのですよ。

2023年6月15日 (木)

アフガニスタン

NHK
マイあさ
ワールドリポート
「アフガニスタンにランドセルを贈る活動」
 小学校を卒業して使われなくなったランドセルを集めて、きれいなもの、豚革でないことを確かめてアフガニスタンに送っている活動の話題。
 両手が使えたり机代わりになったり使い勝手が良いとのことです。
 とりあえずタリバン政権からは止められていないとのこと。
 アフガニスタン有志も女子教育が地域にとって良いことだとタリバンに思ってもらうのに役立つのではないかと願っているそうです。

さくら
 きれいなもの、宗教上の配慮、政治上の配慮となかなかね。

しろぎつね
 しかしタリバンを翻意させるというのは難しいだろうから、無理をしてひっくり返さないようにするのが大切じゃないかな。

2023年6月14日 (水)

多様性

しろぎつね
 多様性とか外国人に優しくとか、日本の女性の自由と権利を失わせる目的なのか。
 少なくともそういう方向になっているな。

さくら
 女性浴場に男性が入って来ても非難できないとか、マスコミの報道によって日本女性がモノの様に扱われるとか、いろいろ嫌なんですけど。

しろぎつね
 女性擁護の団体はなぜ発言しない?

さくら
 そういえば何で?


NHK
マイあさ
ワールドリポート
「天安門事件から34年 追悼集会の消えた香港」
 天安門事件は香港では2019年まで追悼集会が開かれていました。
 しかし、国安法以降皆逮捕されることになりました。
 6/4は親中派による中共を称賛する祭りを開催する場と変わりました。

しろぎつね
 共産党の夢。
 人類の悪夢。

2023年6月13日 (火)

甲子園プラカード男子も

しろぎつね
 この夏の甲子園からプラカード嬢に男子も応募可能になったそうな。
 どこに需要があるんだか。

さくら
 女子の枠が少なくなって迷惑じゃない。

しろぎつね
 それだ。


NHK
マイあさ
ワールドリポート
「米大統領選挙 共和トランプ氏への”挑戦者”出そろう」
 来年のアメリカ大統領選挙では共和党のトランプ前大統領がいち早く立候補を表明していましたが、前副大統領のペンス氏も立候補を表明するなど、有力者はほぼ手を上げたことになっています。
 トランプ大統領は現在様々な事件で訴追されていますが支持者からの人気は衰えていません。
 但し、大統領選挙では無党派層がカギを握ることになりそうで、そうすると難易度は高くなります。
 なお民主党はバイデン大統領がそのまま出ることになりそうです。

さくら
 おじいちゃん同士の争いになりそう。

しろぎつね
 まあそこは何とかするだろう。

2023年6月12日 (月)

ニーメラ―を想え

 共産党による性的搾取差別
(ナチスによるユダヤ人差別)


NHK
マイあさ
ワールドリポート
「タイで進む高齢化」
 タイでも少子高齢化が進み、そのスピードは日本を上回るそうです。
 高齢者問題が増加する中、SNSなどを使った世代間交流の動きがあります。

2023年6月11日 (日)

生成AI玉木版解説、あとコナン

NHK
マイあさ
海外マイあさだより
ベナン
 ベナンとナイジェリアの経済問題。
 ナイジェリアの政策でナイジェリア製品が高騰。
 特にガソリンは密輸品が多かったので密輸ガソリンの価格が高騰しています。
 ベナンは増税もしており失業率も高い状況でいろいろ大変。

***

しろぎつね
 「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」を見てきた。

さくら
 もう26作目なのね。
 公開から2ヶ月経ったのよね。

しろぎつね
 それが映画館がほぼ満席でな。
 子供連れも多かったぞ。

さくら
 興行収入が100億突破ですごいわね。

しろぎつね
 たまにしか見に行かないから前とのつながりが全くわからないんだが、展開に勢いがあって面白かった。子供向けを意識しているが、内容はハリウッド映画くらいはある。
 シャアとアムロが出ているのは驚いた。

さくら
 それだいぶ前からじゃなかったっけ・・・

しろぎつね
 高山みなみと林原めぐみの主役コンビに、三石琴乃でトリオが揃って出ていてすごい頑張っているなと。

さくら
 ヒロインは山崎さんなんだけどね~

2023年6月10日 (土)

守ってるわけじゃない。利用しているだけだ。

NHK
海外マイあさだより
フランス
 プラスチック汚染対策に関する条約策定に向けた国際会議が開かれます。
 プラスチックは便利ですがプラスチックごみの問題は難しいですね。


深夜便
アジアリポート
インドネシア・チカラン
 インドネシアでは今でも日本の戦時中に出来た隣組とか町内会とか地区とか
 隣組は家族が亡くなった時のお葬式の時とかに助かるとかあります。
 町内会は廃品回収とかで使われます。
 地区は保健センターのサービスの役割があるそうです。


ベトナム・ホーチミン
 ベトナムの子供の日は6月1日。
 祝日ではないですが、6月1日は夏休み中なので。
 子供の日ということで体がくっついた双子の女の子の分離手術がベトナム人だけの手で行われていた話題も。
 あと、将棋の棋聖戦がダナンで開催されていましたね。
 ベトナムもコロナ後ということで経済や観光に力を入れています。

 

さくら
 上でさえ使い捨てなの・・・
 怖いよ。

しろぎつね
 公安調査庁が書いているね。

共産党が破防法に基づく調査対象団体であるとする当庁見解

 共産党は,第5回全国協議会(昭和26年〈1951年〉)で採択した「51年綱領」と「われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない」とする「軍事方針」に基づいて武装闘争の戦術を採用し,各地で殺人事件や騒擾(騒乱)事件などを引き起こしました(注1)。
 その後,共産党は,武装闘争を唯一とする戦術を自己批判しましたが,革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする「いわゆる敵の出方論」を採用し,暴力革命の可能性を否定することなく(注2),現在に至っています。
 こうしたことに鑑み,当庁は,共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としています。

(注1) 共産党は,「(武装闘争は)党が分裂した時期の一方の側の行動であって,党の正規の方針として『暴力革命の方針』をとったことは一度もない」(3月24日付け「しんぶん赤旗」)などとしていますが,共産党自身が5全協を「ともかくも一本化された党の会議であった」と認めています(第7回党大会中央委員会報告,昭和33年)。
  また,不破哲三前議長と上田耕一郎元副委員長の共著「マルクス主義と現代イデオロギー」 では,当時の武装闘争について,次のように述べています。 「たんに常識はずれの『一場の悪夢』としてすまされることのできない,一国の共産党が全組織をあげ,約2年間にわたって国民にさし示した責任のある歴史的行動であった」

(注2) 共産党は,「『議会の多数を得て社会変革を進める』-これが日本共産党の一貫した方針であり,『暴力革命』など縁もゆかりもない」(3月24日付け「しんぶん赤旗」)などと主張していますが,同党が,日本社会党の「議会を通じての平和革命」路線を否定してきたことは,不破前議長の以下の論文でも明らかです。
 ○ 「『暴力革命唯一論』者の議論は,民主主義を擁護する人民の力を無視した受動的な敗北主義の議論である。しかし,反対に『平和革命』の道を唯一のものとして絶対化する『平和革命必然論』もまた,米日支配層の反動的な攻撃にたいする労働者階級と人民の警戒心を失わせる日和見主義的『楽観主義』の議論であり,解放闘争の方法を誤まらせるものなのである」(不破哲三著「日本社会党の綱領的路線の問題点」)

https://www.moj.go.jp/psia/habouhou-kenkai.html

さくら
 勝手な”革命”のために利用されるなんて困るわ。

しろぎつね
 だから、共産党に脅されたからと言って圧力に負けたさいたま市は非難されるべきだ。
 というか共産党以外でもだめだがな。

2023年6月 9日 (金)

極端な例だけど

さくら
 お薬の話なんだけど。
 薬の中には薬価が低すぎて作って売ったらほとんど赤字というのがあるんだけど。
 患者さんもそんなにいない古い薬で、作っている製薬企業が止めたいなあと思って止めようとすると、普通は日本医師会が他の製薬企業に代わりに増産してもらわないとダメって言うのね。
 それが今回通っちゃって他の製薬企業が慌ててるの。

しろぎつね
 そりゃ慌てるだろ。

さくら
 増産しようにも元々赤字だし、将来的にはなくなるような古い薬だからね。
 止めた製薬企業分の注文が来るから出荷制限するらしいけど。
 患者さんにも迷惑な話よね。

しろぎつね
 厚労省とザイム真理教のケチっぽさがこういうところに現れるんだな。


NHK
マイあさ!
ワールドリポート
 インドネシアの障害者雇用についての話題。
 インドネシアでも障害者の雇用の問題がありますが、日系企業がインドネシアでの障害者雇用に取り組んでいるそうです。
 そして日系企業以外でも障害者雇用について支援が進んでいく動きが見られるそうです。

2023年6月 8日 (木)

ウクライナの被害

NHK
マイあさ!
ワールドリポート
「首都キーウ攻撃」
 ロシアがウクライナの首都キーウを攻撃し続けています。
 ただ、非難シェルターが使えないところがあり、逃げ遅れる被害が出ているそうです。

さくら
 ダムも壊されたよね。

しろぎつね
 どうにも辛い話だ。

2023年6月 7日 (水)

トルコの憂鬱

NHK
マイあさ!
ワールドリポート
「再選のエルドアン大統領・向き合う課題は」
 トルコの大統領にエルドアン氏が再選されました。
 これまで20年トルコのトップだったので大変な長期政権です。
 トルコはリラ安が進んでインフレが激しいのですが、景気減退を嫌って利上げは行われていません。
 それで更に通貨安になったりするのでなかなか困ったものです。
 外交でもスウェーデンのNATO加盟とかロシアウクライナ戦争とか課題が多いです。
 新閣僚になって内政・外交がどうなるか注目です。

さくら
 これってエルドアン大統領じゃなきゃすごいことになってない?

しろぎつね
 まさに彼のお陰で何とかなっているし、同時に彼のせいでどうにもならなくなっているな。

2023年6月 6日 (火)

日本酒の話題

NHK
マイあさ!
ワールドリポート
「アメリカの日本酒市場拡大」
 アメリカで日本酒が人気です。
 更にアメリカでの日本酒生産も始まっていて、日米の企業で提携が進んでいます。
 カリフォルニアではワインのナパの様にすると意気込んでいるところもあります。

さくら
 ワインみたいにいろんな国で作られるようになるのかしら。

しろぎつね
 食事の時の酒としてワインくらい受け入れられれば市場は大きくなるだろうな。

2023年6月 5日 (月)

中国話題

NHK
マイあさ!
海外マイあさだより
 1989年6月4日の北京・天安門事件の思い出について。
 

ワールドリポート
「中国の川端康成人気」
 中国では著作権は作者の死後50年ですので、川端康成の作品が多くの出版社から出るようになりました。
 大変人気のようです。

さくら
 20社から出るってすごいわね。
 医薬品で特許期間が満了したら20数社からジェネリックが申請・販売されるというのを思い出したわ。

2023年6月 4日 (日)

「歴史修正主義」(武井彩佳)

 歴史修正主義というものはなかなか難しいものです。
 歴史はどうも政治利用される運命にあるようです。
 学問と政治の間で歴史は苦しんでしまうものなのでしょうか。
 そのような「歴史修正主義の歴史」をドレフュス事件からホロコースト否定論まで語ります。
 歴史家にとっての歴史と歴史家以外にとっての歴史が、同じ歴史を違う顔で見せているところが難しそうです。
 歴史修正主義とは何かを考えるのに良い本だと思います。

2023年6月 3日 (土)

いろいろ日本とは違う

NHK
ラジオ深夜便
アジアリポート
タイ・バンコク
 タイは日本と違って水道水の水はそのままでは飲めません。
 飲料水はペットボトル飲料水をコンビニで買うことになります。
 あとは浄水器などですね。
 バンコクの水源のチャオプラヤ川は昔メナム川と言われていましたが、これは聞いた外国人の勘違いらしいですね。


ロシア・イルクーツク
 イルクーツクではこの時期に水道のお湯が点検のため10日前後止められます。
 冬の暖房にも使われますが、お風呂が使えなくなるのは不便ですよね。
 ロシアでは徴兵逃れで周辺のパスポートが不要なモンゴルや中央アジアの国に逃れる若者が多かったようです。
 イルクーツクでは季節労働者が母国に帰ったり、従軍すれば国籍を与えるとのことで働く人が減ってしまったそうです。
 また、ロシアでは技術者が周辺諸国に移ったり、全体的に労働力不足が見られるようです。
 他にも戦争でいろいろ不自由があるみたいです。


マイあさ!
海外マイあさだより
韓国
 漢江でのピクニックの話題。

2023年6月 2日 (金)

キャンプブーム、気になるのは

NHK
マイあさ!
ワールドリポート
「中国のキャンプブーム」
 中国ではゼロコロナ政策で遠方への旅行が制限されていたため、近くで可能なキャンプがブームになっていて、その人気はゼロコロナ解除後も続いています。
 キャンプ用品の需要の高まりに、商魂たくましい日系企業も市場を狙っているそうです。
 あとマナーの問題をどうするか、またブームがいつまで続くかというのが気になるところです。

さくら
 中国でブームになると人口が大きいからすごいよね。

しろぎつね
 ブームというのはなかなか続かない。また、中国はブームの後がすごいからな。
 ゴミとか。

さくら
 えー・・・


ラジオ深夜便
ワールドネットワーク
ベナン・コトヌー
 前回に続きゾマホン氏の話。
 ゾマホン氏は多くの小学校を設立したのですね。


ポーランド・ワルシャワ
 戦時下のウクライナ児童の心の傷の話題。
 戦争で心を閉ざした子供たちの様子が辛いです。
 目が子供のものではない、大人のそれだというのがなんとも。

2023年6月 1日 (木)

イギリスの物価高騰

NHK
マイあさ!
ワールドリポート
 イギリスの物価高騰の話題。
 イギリスではロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー価格の高騰、ブレグジットによる人材不足と輸入手続きの煩雑化などによって物価が上昇しています。
 エネルギー価格はやや落ち着きましたが食料品などは依然10%を超える水準で価格が高止まりしています。
 賃金上昇が物価に追いついていないため、各地で賃上げデモが発生。中でも若手医師などがデモをしているところもあり、手術などがキャンセルする事態となっています。

さくら
 モハPさんところでは、イギリスでの万引きの増加を言っていたね。

しろぎつね
 けっこうきつい状況になっているな。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.