2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 映画見てきた | トップページ | 好きに逮捕 »

2023年7月16日 (日)

「経済で読み解く明治維新」(上念司)

~江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する

 明治維新と題名についていますが、主に江戸時代の経済のことを書いた本です。
 このタイトル、絶対読もうとした人が面食らう奴ですね。
 江戸時代は遅れた時代ではなく、「エネルギー革命なく発達できる限界までいった社会」(飯田泰之先生)だったということは記しておくべきことでしょう。
 江戸時代は資本主義が発達しつつあったのですが、米が経済の中心ということろなどいろいろ限界がありました。その限界を突破すべく吉宗とか大岡忠相とか田沼意次とかが経済改革を試みるのですが、必ず反動で財政規律とかの方向に行ってデフレを誘発して元に戻るということが続くのが江戸時代だったということです。
 現代も似たような考えの人いますね。
 ともかく江戸時代は右往左往しながらポテンシャルは蓄えられていたので、このエネルギーが明治維新につながったと言えそうです。
 江戸時代の経済はよくわかりますけど、タイトルと合っていませんよね。
 面白い本でした。

« 映画見てきた | トップページ | 好きに逮捕 »

コメント

うろ覚えですが、先物取引は江戸時代に大阪の米市場から始まったと聞いたことがあります。ちなみに世界初だそうです。江戸ではなく大阪ってところが面白いです。

ヌマンタさん、こんばんは。
そうそう、それも本の中に書いてありました。世界初というのは驚きですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画見てきた | トップページ | 好きに逮捕 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.