2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« パリピ孔明 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞 »

2023年10月 2日 (月)

映画「沈黙の艦隊」

すおう 今日、映画館で沈黙の艦隊を見てきたのよ
あかね あれ、見ないかな、と言ってなかった?
すおう いや~、髙橋洋一先生がラジオで面白かったって言ってたから。
あかね なんか弱い。
すおう さて、映画・沈黙の艦隊。
  原作はかわぐちかいじ、モーニングで1988年から連載していて、当時面白いのが始まったと思っていたの。
  それが30年以上経って実写化するということだったの。
  最初、潜水艦ものと邦画でできるのかなあ、と思ってスルーしようとしていたのね。
あかね で、髙橋先生の話を聞いて興味が出たと。
すおう そう。
  それで、映画の方なんだけど、
  日米で極秘に開発していた最新鋭原子力潜水艦シーバット、
  アメリカ第7艦隊所属なんだけど、乗員は艦長を含め全て日本人。
  日本は原子力潜水艦を持てないのを逆手にとったものなの。
あかね 設定が無茶苦茶。
すおう 物語には嘘を1つ入れないとダメなのよ。
すおう その初航海の日、シーバットは米軍との訓練中、突然音響魚雷を発射して逃亡、行方をくらませるの。
あかね なんでそんなことを。
すおう 当然、アメリカは怒って、第7艦隊の全軍でシーバットを追いかけるのだけれど、シーバットは正面切って応対。
  抜群の操艦とブラフで第7艦隊に迫り、独立国家やまとの樹立を宣言するの。
あかね めちゃくちゃだあ。
すおう ストーリーを短くまとめると、なんじゃそりゃになるんだけど、まずこの荒唐無稽さが面白いかな。
  あと戦闘シーンはなかなか見ものだし、ドラマパートも良くて、サスペンスドラマとしてきっちり描いていたと思うの。
あかね けっこうほめてる。
すおう 海上自衛隊側、米海軍側も有能な軍人として描かれているんだけど、
  シーバットの艦長海江田だけは異質な存在なの。
あかね 異質?
すおう まず、原子力潜水艦を訓練中に逃亡させて、第7艦隊にケンカを売るところからして、頭おかしいのよ。
あかね 日米同盟に暗雲が。
すおう それで逃げるだけじゃなくて、正面から第7艦隊にケンカを売って生き残るのよ。
あかね ご都合主義だったら嫌だ。
すおう いや、海江田には3つの手があって、
  1つ目は、世界の海図を全て把握していること。
  2つ目は、相手の心理や状況を読むことに長けていること。
  3つ目は、シーバットが核を持っていると、相手に疑念を抱かせること。
あかね 核あるの?
すおう わからない。
  嘘かもしれないけど、わからないことでみんな動いてしまう。
  現に第7艦隊の司令官は判断に迷って攻撃の手を少しだけ緩めてしまう。
あかね すごいね。
すおう たかが原子力潜水艦一隻に大艦隊が振り回される。
  そのフェイクだけどサスペンスなところがいいのよ。
あかね それで海江田の目的はなんなの?
すおう 世界から争いを無くすこと、世界を一つの国にすること。
あかね なんですと。
すおう 原作でもこれをメインテーマにしていて、これどう料理するんだろう、と思っていたのよ。
  今回の映画では、独立宣言のあたりで終わっていて、プロローグ映画だなあと思って。
あかね あ、途中なんだ。
すおう この後いろいろ動くんだけど、まあ映画はここまでだから。
  あと、映画は邦画としては良かったと思うけど、
  首相と官房長官がアレなのは、映画の仕掛けなのか、ピエロに振ってるのかよくわからなかったよ。
  この作品に無能者はいなかったんだけどなあ。
あかね 出た、辛口。
すおう ともかく、いい作品だし、映画館で見ると迫力あるから、行ける人は行っちゃえ。
あかね ゴーゴー。
  ちなみに、海江田艦長は心理戦が上手というとヤンウェンリーみたいな感じ?
すおう ああ、それもあるかもしれないけど、この映画だとオーベルシュタインも入ってそうかなあ。
あかね うわ、何それ、嫌すぎ。
すおう ほんと、海江田みたいな人がいたら困るよね。
  今日はここまでにしましょうか。あ、映画と言えば。
あかね 映画と言えば?
すおう 上映時間が2時間とかになってトイレが困る人がいると思うけど、ポップコーンが役立つよ。
あかね へえ。
すおう 映画館の中で買ってもいいし、上映ちょっと前に食べても効果ありね。
あかね ポップコーン最強伝説。

« パリピ孔明 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリピ孔明 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.