2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月31日 (金)

ざまあ系ふたたび

★猟師「クマの駆除を8500円でやれ?もうやらんわ」→町「日当上げるからクマの駆除して」→猟師「断る」(かや さん)



 熊が町に現れるようになったので、駆除を猟友会に頼もうとしたらしいのですが・・・
 地方の町だと言っても8500円は安すぎませんか?


 猟友会は参加を拒否。
 金額の問題ではないと言っているので、町の態度がいまいちだったのかな。


 北海道では熊を駆除しようとした猟師に対し、警察がほとんど言いがかりな理由で猟銃と免許をはく奪した事件がありました。
 こんな仕打ちを受けるようだったら熊の駆除に参加する猟師さんはいないわけで。


 またまたなろうの追放ざまあ系になっていると話題の様です。
 北海道って試される大地なんだなあ・・・

2024年5月30日 (木)

世界市民法としての歓待

 NHKカルチャーラジオの4月からの歴史再発見”カント哲学と現代 平和論が私たちに問うもの”の第9回、5/28日(火)の放送は

”第9回のテーマは「世界市民法としての“歓待”」。これまでカントは2つの水準、すなわち「国内の政治体制」、「国際関係のあり方」で、平和の可能性を考察してきました。この2つの水準に並ぶもう一つの水準として、カントは世界市民法の議論を展開します。人々が国を越えて交流が盛んになる中、権利の侵害から人々を守る普遍的な世界市民法とはどのようなものか、その重要なキーワード「歓待」について、お話しします。”

 でした。
 人々が国境を越えて交流する時、敵視では外国人を守れないことから、カントは歓待の概念を提唱しています。
 もてなすというのではなく敵視しないという程度の意味でしょうか。
 これをフランスのジャック・デリダは1990年代に移民への歓待という意味で用いましたが、カントからすればこれは誤用になります。
 移民についてカントは客人のようではなく訪問者として扱うべきだとしています。
 また、カントの生きた18世紀はヨーロッパ人は世界中を侵略してまわっていますが、ヨーロッパ人が海外に行ってそこの現地人を敵視している態度こそをカントは問題視しています。
 むしろ訪問しているヨーロッパ人こそが現地の人を敵視せず歓待すべきだろうと、そういう指摘です。
 移民問題や侵略問題もカントの頃からそれほど変わってなくて、むしろカントの考え方は現代にも通じるという感じですね。

***

NHK マイあさ! ワールドリポート
「台湾新政権 電力供給の安定が課題」
 台湾は前政権で脱原発を進めてきましたが、今後は電力需要が高まることへの対応が求められているようです。

2024年5月29日 (水)

反社

 どうも今のマスコミは反自民、反日本、反国民(侮国民)な形で完成されつつあるのか。
 全体を見ると反人類。
 ただし中身は小学生。
 マスコミも昔はもう少し大人しかったが、何かの重石が取れたのだろうか。
 他の反社の重石だろうか。

 国としても重石が無くなって反社になった国もある。
 C国とか大日本帝国の重石が無くなれば帝国を凌駕する反社となった。
 K国もまた同じ。

 人類の歴史でもだいたいが同じことになっているのだろうか。
 そうであったら人類とは?

2024年5月28日 (火)

田舎にEV?

NHK マイあさ! ワールドリポート
「農村でのEV普及に乗り出す中国」
 中華人民共和国はEVに注力していますが、都市部だけではいずれ限界が来るということで農村部でのEV普及に力を入れています。
 ガソリン車では日本やドイツに勝てないということで、EVの注力してなんとなくうまくいっているようにみえるのですが、さて。
 なんとなくまたやり過ぎて収集がつかなくなってぐちゃぐちゃになる未来がほのみえるのがCクオリティー。

2024年5月27日 (月)

なぜカントは世界国家を支持しないのか

 NHKカルチャーラジオの4月からの歴史再発見は”カント哲学と現代 平和論が私たちに問うもの”ということでカントのお話なのですが、5/21日(火)の放送は

”第8回のテーマは「なぜカントは世界国家を支持しないのか?」カントは永遠平和につながるための国際関係のあり方について、世界国家よりも、国連のような諸国家の連合が望ましいと考えました。「世界国家は、実際には強大国による他国の支配でしかない」と考えるカント。その認識の妥当性を、現代の状況を交えながら、津田塾大学教授・萱野稔人さんが解説します。”

 でした。
 カントは平和な国際関係としては世界国家よりも国連のような形が良いと考えていたようで、地政学で言うとシーパワー的考えかな。
 「世界国家は、実際には強大国による他国の支配でしかない」というのは、多極論者とかランドパワー信者にはどう聞こえるのでしょうかね。
 コスモポリタンは世界国家が好きみたいですが、それぞれの国家が主権を放棄できるかと考えると、う~んといったところでしょうか。
 ちなみに日本のコスモポリタンは日本に主権を放棄させたいみたいです。
 特徴的ですよね。

 コスモポリタンが支持する世界国家といえば、党やイデオロギーが支配する危うい社会が想起されて、なんとなく現在の世界をみるとそんな気がしないでしょうか。
 放送でもありましたが、カントの見立てはその後の歴史を考えると当たっているように思われるのですよね。

 日本のマスコミや政治家・運動家、知識人が世界国家を言ってきたときには「カントを知らないのか」と言い返してあげるのも一つの親切かもしれませんね。
 カントを知らない人がいたら、まあ・・・

2024年5月26日 (日)

YouTubeアップしました

 Youtubeに動画投稿しました。


2024年5月24日 (金)

ガスライティング問題

◆ガスライティング

ガスライティングとは、加害者側が些細な嫌がらせを継続的に行ったり、わざと誤った情報を提示し続けたりすることで、被害者が自身の記憶や知覚、正気を疑うよう仕向ける心理的虐待の手法。被害者の現実感覚を狂わせることで、被害者が「自分が間違っている」と自分自身を責めて自尊心をなくし、精神的に追い込まれるよう仕向ける行為を指す。

ガスライティングの手口

・露骨な嘘をつく
・チグハグな言動をする
・過去の発言や嫌がらせの事実をわざと否定する
・身に覚えのないミスを指摘する
・被害者の発言を毎回否定する
・誉めた後に、突然けなす

https://ideasforgood.jp/glossary/gaslighting/

 DV洗脳とか調教とかにもつながりそうな感じですね。
 プク太の世界時事ニュースで取り上げられていたのでちょっと紹介してみました。

 アサシングリードの弥助問題で、海外のゲームサイトが露骨な日本差別をかましてきているのが気に入らないですね。
 おまえら小学生か、というレベル。

 ああ、メディアはどの国でも小学生レベルか。

2024年5月23日 (木)

中国債権が世界に蔓延?


 中国が国債を増発しています。
 さて、WGBIという世界中の人が参照するインデックスがありますが、2021年から中国国債を組み入れ、段々割合を増やしてて現在10%が中国債権という状況になっています。
 今回中国が国債を増やすということで割合が更に高くなってしまいます。
 中国国債は入れないというところもありますが、何も考えずに世界標準のWGBIのとおりに購入していると、ものすごい金額の中国国債が世界にばらまかれていることになります。
 WGBIが現在300兆円なので、30兆円ほどの中国国債を世界中の人が抱えていることになります。
 中国の国債は本当に大丈夫なのか、暴落したり封鎖されたりすることはないのか、すごく不安なのですが本当にみんな持ってて大丈夫なのですかね。
 モハPさんの懸念が当たらなければよいのですが。

2024年5月22日 (水)

横浜教育委員会猥褻隠し

◆横浜市教委 わいせつ事件裁判で職員動員 傍聴席埋める(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20240521/1000104765.html

 冒頭の一文、

横浜市教育委員会が教員による児童や生徒へのわいせつ事件の裁判で、一般の人が傍聴できないよう、職員を動員して傍聴席を埋めていたことが明らかになりました。

 次の段落の、

「不特定多数の人が傍聴することで、プライバシーが守られないことが懸念される。保護者側から、『不特定多数の人に聞かれないよう多くの職員に来てほしい』と要請を受け、思いをくみ取った」と主張しています。

 一見理屈な感じがしますが、本件以外の多くのわいせつ事件の裁判にそうした形跡はないので、やっぱりおかしい。
 どうしても背後にやばい人脈があるのではないかと疑ってしまいます。
 事件と対応が全く釣り合っておらず、コストがかかりすぎています。

 神奈川県と言えば警察も多数の問題を抱えているようなので、そこのところも気がかりです。
 伝聞だけですが、あまりにも状況がおかしいので気になります。

***

NHK マイあさ! ワールドリポート
「ベトナム独立戦争を戦った日本人とその家族」
 第二次世界大戦終結時ベトナムには10万人の日本軍が残っていました。
 戦後日本軍は武装解除され、多くは日本へ送還されました。
 ところがフランスが再びベトナムを支配下に置いたことから独立運動が起こり、100名ほどの日本兵がベトナムに請われて対フランス独立戦争に参戦しました。
 ベトナムは独立戦争に勝利しましたが、その後中華人民共和国がベトナムを支援する様になり、日本兵はベトナム人の家族と離れ離れにされて日本に送り返されてしまいました。
 残されたベトナム人家族は日本の関係者ということで苦しい思いをしたということです。
 国の動きに翻弄されてしまったなかなか悲しい歴史です。

2024年5月21日 (火)

パリオリンピックは7月から

NHK マイあさ! ワールドリポート
「100年ぶりのオリンピック パリの観光名所で進む準備」
 パリオリンピックの準備が進んでいます。
 昔と違って今はテロ対策もしなくてはいけないので大変ですね。

2024年5月20日 (月)

LINEは韓国の企業だと韓国人は考えます

NHK マイあさ! ワールドリポート
「韓国ユン大統領、残る3年の政権運営は」
 この前の選挙で与党が大敗で政権運営が大変そうというのがあります。
 勧告とはLINEの問題があります。
 LINEの親会社の韓国ネイバーの株式をソフトバンクに売却するという話なのですが、韓国では否定的の様です。
 韓国のLINEが日本に奪われると、そういう騒がれ方をしているみたいです。

2024年5月19日 (日)

なろうでよくある展開

★横浜市、バス運転手の給与をカットした結果、追放ざまぁ系みたいな結末になってしまう…(かや さん)

・2012年横浜市バス 給料が民間(500万円)より高い(780万円)ので、730万円に削減する。
(なお、同2012年大阪市バス 給料が民間より高い(739万円)ので民間最低の440万円に4割削減。橋下さん、横浜よりひどい)
 市バス運転手の給料が高すぎと一部の人から文句があったようです。

・2024年横浜市バス 4月だけで360便超の大幅減便。大騒ぎに。←now

 なろうの追放ざまあ系とはよく言ったもので。
 ただ、どうにもならんだろうから次のことを考えないといけないかもね。
 たぶん横浜市は何か考えているとは思うけど、市民の便利になる方向ではないだろうなあ。

2024年5月18日 (土)

給食マスク

さくら
 給食マスクで思い出したことがあって。
 小学校の頃、先生にどうしたら忘れないかアイデアを出せと言われて、何度も出したんだけど全部駄目だしされたんだよね。
 まあ、忘れたらなんかペナルティを与えるみたいな感じだったから役に立たない案だったんだけどね。
 今考えたら、小学生がそんなすぐにいい案をだせるもんじゃないかなと思うのよ。

しろぎつね
 最終的に先生が案を出さなかったのかな。

さくら
 良く覚えてないなあ。
 結局なんで児童に聞いたのか、よくわかんないね。

2024年5月17日 (金)

空のかけら

 小説家になろうに投稿しました。


■空のかけら/https://ncode.syosetu.com/n2915ja/


 朗読版はYouTubeにあります。



***


NHK マイあさ!
「苦境にたつ“ナイトタイムエコノミー”」
 イギリスではナイトクラブなどの夜間営業の店が活況でしたが、コロナ禍、在宅勤務、若者の酒離れ、健康志向などで、数多くのナイトクラブなどが閉鎖してしまいました。
 この苦境を乗り越えようと、ライトなゲーム、ノンアルコール導入など店側でも様々な取り組みがされています。
 確かに夜に飲んだり遊んだりすること減りましたね。

2024年5月16日 (木)

囚人を兵隊にしたロシアのその後

NHK マイあさ! ワールドリポート
「ウクライナから戻ったロシア人帰還兵による凶悪犯罪」

すおう
 ロシアは受刑者を兵士として戦場に送っているのよ。

あかね
 兵力が足りなくなったから?

すおう
 それもあるけど、戦場でまず囚人たちに突撃させてウクライナの弾を消費させるのよ。

あかね
 えぐいなあ。

すおう
 囚人たちは半年くらいで除隊して罪も帳消しにしてやるということで兵役に就くんだけど、そんな感じで大半は帰ってこられない。けど、そんな激戦を生き残る奴がいるのよ。

あかね
 まじ?

すおう
 生き残った衆人は約束通り無罪放免。

あかね
 いいのかなあ。

すおう
 そして帰還した囚人は、やっぱり凶悪犯罪を起こすのよ。

あかね
 嫌な予想が当たってる!

すおう
 これが社会問題になっててね。当局は元囚人の帰還兵が起こした事件とは言わないから。

あかね
 どうすんの、これ。

すおう
 さあ・・・ 

2024年5月15日 (水)

香港に大陸人が移動

NHK マイあさ! ワールドリポート
「増加する香港の人口 廃液に中国本土からの移民急増」
 香港では国安法の施行以来人口が減少。
 当局は働き手を求めるため、高学歴高所得の人材を募集し、多くの人が応募しました。
 ほとんどが中国本土からの移住者で、香港当局は国際都市としての多様性が維持できるのか気にしているらしいです。

2024年5月13日 (月)

LGBT>PC

★ビリヤードでもダーツでも!女子スポーツを守るために戦わない!世界各国で女性選手による対戦拒否続々と・・ベテラン選手も加わりトランス選手が不戦勝で優勝してしまう事態に・・ルール変更を巡る戦いの行く末は(プク太の世界時事ニュース)



 以前指摘のあった、黒人女性という最強のカードと白人男性という最弱のカードの対戦も、トランス女性という新しい呪文で逆転してしまうということになってしまっています。
 そもそも数世代前までは、白人男性と黒人女性の立場はどうだったかと考えると、すごく複雑な気持ちになってしまいますが。

2024年5月12日 (日)

「1984年」(ジョージ・オーウェル)

 ”<ビッグ・ブラザー>があなたを見ている”で有名なディストピアSFの金字塔的作品です。
 実はきちんと読んでいなかったのであらためて読んでみたものです。

 この小説は1949年に出版されていて、架空の1984年のロンドンを描いています。
 この小説では世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの大国に分かれていて、ロンドンはオセアニアの都市です。
 オセアニアでは人々の行動は全てテレスクリーンと呼ばれる双方向テレビや街中のマイクで監視されている状態です。
 主人公のウィンストンは党外郭として記録の改ざんに従事していますが、生活に疲れ、禁止されているノートに自分の思想を書くことや、党を批判する禁書をよむことなどにはまってしまいます。
 しかし、思想警察に捕まってしまい、思想改造を受け、最後は<ビッグ・ブラザー>を心から敬愛するように変えられてしまいます。
 ウィンストンは<ビッグ・ブラザー>のために喜んで死を望むというところで本編が終わっています。

 ディストピアでバッドエンドな小説ですが、戦後以降の権威主義体制を批判する小説となっていることは確かです。
 80年前の小説がまだ現役で異彩を放っているというのはすごいというべきかとは思います。
 ただ、21世紀の今の時代、別の意味でやばそうなことになっているので、この小説が少しだけ物足りない気がするんですよね。
 困ったことです。

2024年5月11日 (土)

あるかんばんの話

 小説家になろうに投稿しました。

■あるかんばんの話/https://ncode.syosetu.com/n5233iy/

 朗読版はYouTubeにあります。

***

NHK マイあさ!
海外マイあさだより:スイス
 スイスでの年金問題。
 物価が高いスイスでは年金の支給増と財政上の問題の両方が国民投票にかけられました。
 年金の支給増は賛成多数、支給開始年齢を1年遅らせるのは反対多数。
 なかなか難しいようです。

ラジオ深夜便 アジアリポート
ラオス ビエンチャン
 4月13日~15日はラオスのお正月。

ロシア イルクーツク
 生活に戦時色が色濃くなっているみたいです。
 物価が上がり、街中に中国製品が増えているそうです。

2024年5月10日 (金)

難民問題

NHK マイあさ! ワールドリポート
「インドネシアに漂着するロヒンギャ」
 ミャンマーで少数民族として迫害されているロヒンギャでsがう、インドネシアまで流れてきているようです。
 しかし、インドネシアでも難民より保護すべき人がたくさんいるということで反発が起きています。
 難民がかわいしおうという声に対し、難民よりかわいそうな国民をどうすんねん、というところでしょうか。
 インドネシアより緩いマレーシアに更に流れるか、数年かかっても第三国のアメリカにわたるか。
 前途多難なようです。

2024年5月 9日 (木)

それでも若者はソウルを望む

NHK マイあさ! ワールドリポート
「韓国の若者を苦しめる格差」
 ソウルでは家賃が高騰して大変。
 生活費も必要なので貧困が広がっています。
 しかし大企業はソウルに集中していて、大企業とそれ以外の賃金格差は大きいので、多くの若者がソウルで耐え忍んでいます。

2024年5月 8日 (水)

少女追放

★【続報】砲丸投げをボイコットした少女5人が競技追放へ!ありえない学区の対応に司法長官が訴訟を起こす事態に発展する!(プク太の世界時事ニュース)



 トランス女性を女子競技に参加させたところ、5人の少女が競技をボイコット。
 すると大人たちは少女たちをスポーツ界から追放する。
 さあ、物語は開幕した。
 悪のポリコレ軍団に立ち向かうのは誰だ。

2024年5月 7日 (火)

大学デモ

NHK マイあさ! ワールドリポート
「アメリカ各地で反イスラエル抗議デモ 広がりは」
 今回の戦争、最初に攻撃してきたのはハマスなのですが、イスラエルのガザへの反撃が過大とされ、イスラエル国内からも非難されているほどです。
 アメリカの大学でイスラエルへの抗議デモが広がっています。
 大学のデモというと日本の1960~1970年代の学生運動が思い出されますが、あれも最後ぐだぐだになったからなあ。
 あと反イスラエルということで、西洋社会にある反ユダヤ思想が変なことにならないといいけど。
 反ユダヤというと、相対するイスラエルもロビーも反応することになると思うけど。
 やっぱり最後ぐだぐだになるんじゃないかな。

2024年5月 2日 (木)

戦争はどこでも

NHK マイあさ! ワールドリポート
「スーダン武力衝突1年」
 スーダンでは軍と準軍事組織の武力衝突が発生して1年が経っています。
 国内の食糧危機が心配です。


「ロシア兵器に外国製部品使用の実態」
 ロシアが制裁を回避して外国製部品を兵器に転用している問題。
 制裁で規制されているはずの部品も混じっていて、第三国経由になっていると見られています。
 最初は制裁が効いていたみたいですが、今は制裁が効きにくくなっているようです。

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.