2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« メタバースとFF14 | トップページ | ニコニコが見られない »

2024年6月 9日 (日)

「もしも世界からカラスが消えたら」(松原始)

 「カラスの教科書」で有名なカラスの研究者松原先生の本です。
 題名のとおり、カラスがいなくなった世界はどんな影響がありそうかという話から、そんなカラスがいなくなった世界でカラスの代わりになりそうな鳥はなんだろうか、ということをつらつらと考えていくという、なんとなくエッセイ本です。
 カラスは都会では特にゴミあさりして邪魔者のように思われていますが、植物の植生の拡大の役に立ったり死骸の処理に役立ったりといろいろ重要なキーパーソン(?)だったりします。
 更に神話や作品にもいろいろ出演(?)しているし、頭が良いところもあるのでなかなか代わりの鳥っていなさそうですね。
 なお本書で取り上げられた作品の数々ですが、特定の年代に刺さるものばかりでにやっとしてしまいます。
 あらためてカラスというのはマルチロールな鳥というのがわかる本です。
 軽いエッセイといったところなので、カラスが好きな人もそうでない人もちょっと読んでみたら面白いと思います。

« メタバースとFF14 | トップページ | ニコニコが見られない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メタバースとFF14 | トップページ | ニコニコが見られない »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.