2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

2022年10月 1日 (土)

今のマスコミとは何か

 マスコミは弱いもの少ないものが好きで、強いもの多いものが嫌い。
 マスコミは正義の味方になりたい。
 一般国民を指導したい。
 そしてマスコミは理論ではなく論理を飛躍することで自分を正当化する。

 幕末、外国人は強くて日本人を騙す存在としてマスコミは大いに責め立てた。
 日露戦争後、賠償金が取れなかったということで弱い日本を顕現した(ように見えた)日本政府を責め立て、日比谷焼き討ち事件に発展した。
 五一五事件では、強くて国のために動かない(と見えた)日本政府の高官が暗殺されたが、暗殺した少数の青年将校こそが正義だとして除名嘆願運動に発展した。

 戦後になりマスコミは再び暴走する。
 少数の在日外国人が正義だとして、罪を犯した人でも許す、許さない多数の一般国民こそが悪だと運動した。
 過激な運動家の主張を少数の弱者の声だと擁護し、一般国民の声を多数で強者だからとはねつけるようになった。
 日本文化の様々な部分に異議を唱える人びとを少数の正義の声とし、日本文化を守ろうとする人は多数派で強者だから譲らなければならないと論陣を張った。

 既にマスコミは、一般国民を多数で強者として常に弾劾の対象とし、一方で少数で弱者とマスコミが見做す事例を正義として取り扱うようになった。
 マスコミに従順な国民は正義の人となり、マスコミに逆らう人は悪の人となった。
 ここにマスコミ民主主義が顕現したのである。

 一旦マスコミに悪と断じられると、その人は社会的に抹殺され、暗殺される人さえ出てきた。

 果たしてこれが正義の世界だろうか。
 一般国民はマスコミに飼われる存在なのだろうか。

 いや違う。
 マスコミの正義が正義である時代は、そんなに長くないだろう。

2022年9月30日 (金)

マスコミでない動き

 マスコミは弱い者の味方を希求する。
 強い権力者に抑圧されるか弱い市民、それを報道で照らすマスコミ。
 輝かしきマスコミ。

 しかし、いつしか弱い者の対象が変化していった。
 在日外国人、様々な活動家、社会や文化に忌避感を持つ人たちなど。
 確かに少数派で弱者ではあるが、しかしそれに対する存在になるのは多数の一般国民だった。

 一般国民は困惑した。
 マスコミは見め麗しいタレントや弁舌巧みな学者先生を導入し、国民に訴えた。
 そして多数の国民を味方につけ、多数派である一般国民は罪の意識を植え付けられた。

 それでもなお、マスコミの意見に異を唱える者たちがいた。
 しかし彼らは弱者群、そしてマスコミに与した国民により悪者のレッテルを貼られ、社会から抹殺されていった。

 時が流れた。

 マスコミに反対する者たちが社会から排除されたり暗殺されたりする中、新たな流れが始まった。
 新しい流れでは、マスコミに異を唱える者たちの中で次第に大きな影響力を持つ者の数が増えている。
 また、マスコミの息苦しい教条主義を嫌って本来の人間らしさを取り戻す動きも出てきている。

 この動きはやがて社会を正邪で決めてしまう教条主義の渦から人々を救うかもしれない。

2022年9月29日 (木)

医薬品供給の遠景

しろぎつね
 ジェネリック医薬品企業のうち小さな会社から一時供給停止を言い出すところがでてきた。
 まあ、病院からフルボッコに遭って停止は取り下げたが、価格を上げてもらうようだ。

さくら
 薬価の毎年改定に円安と物価上昇ってパンチの連続だものね。

しろぎつね
 業界からはあと3年で弱いところから潰れだすという話が出ていたが、3年以内に始まるかもしれんな。

さくら
 病院や薬局は困るんじゃない?

しろぎつね
 一番困るのは患者だな。
 さて、厚労省と財務省はどう出るか。

さくら
 増税に持っていくのはやめてほしいわ・・・

2022年9月28日 (水)

マスコミゾンビ

みどり
 マスコミにはゾンビがいる。
 テレビだとよくわかる。
 ワイドショー、ニュースショー、バラエティーとかはゾンビ濃度が高いかな。

さくら
 見たらどうなるの?

みどり
 免疫がない人はゾンビになる。

さくら
 うわ。

みどり
 そしてゾンビになったら周りの人を襲ってゾンビにする。

さくら
 ねえ、ゾンビになった人は倒していいの?

みどり
 いや、ゲームじゃないからねえ。どうだろう・・・

2022年9月27日 (火)

菅前総理の選んだ歌

かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ

2022年9月25日 (日)

この声優さんはちょっと注目

 アニメといっても最近は数多く作成されているので、話題の作品すら全部見ることはないのでそこらへんはレポートとして甘いのですが、まあそれはそれで。

 昔からお気に入りの声優さんは多くて、それこそあげていけばきりがありません。
 ちょっと上の声優さんは除いて、今ですとこんな感じですかね。

・大原さやかさん(最近はアニメの母親役総なめという感じになっていますね・・・)
・南條愛乃さん(fripsideの二代目ボーカルでした。歌手・声優)
・悠木碧(すごいとしか言いようがない。早口の台詞、歌唱は圧巻)

 それより下の若手は注目株がいっぱいいて、ここ数年は楠木ともりさんがすごいタレントを持っていると思っていました。声優としてもすぐれているし、歌手としても優れている。南條さんの次の世代って感じでしょうか。まだ22歳なんですよね。
 この世代も他にも注目している声優さんがたくさんいます。

 そして最近この子はすごいという人が出てきました。
 鳴海まいさんです。ルミナスウィッチーズで主役(?)をしていますが、ほぼ新人声優といっていいのかな。この子は作品の中での箏の伴奏をやっていたり、割と多才な感じを匂わしています。
 いまのところ、鳴海まいさんは伸びるんじゃないかと思っていて注目しています。

 新型コロナで録音もなかなか大変な時期に声優デビューしている人なので、今後どういう風になるのか気になりますが、注目株は追っていきたいですね。

2022年9月21日 (水)

マスコミゾンビ

 新聞テレビにゾンビが寄生
 見ていた人がゾンビに感染

 ゾンビに噛まれた人がまたゾンビ
 ゾンビがSNSに書いて読んだ人がまたゾンビ

 ゾンビが増える
 逃げる人はどこへ行ったらいいんだろう。

2022年9月19日 (月)

チャイナについて追加

 ヌマンタさんからコメントいただいたこともあり、チャイナのことについて少し。

 世の中には支配、anti roleの人や集団と友情、roleの人や集団があります。

 民主主義では友情、roleが主流で、信頼が大事、金はwin-winでという感じです。

 さて、anti roleにとってroleは騙しやすい、roleは信頼を大事にしますがanti roleにとって信頼は便宜。
 すると金もwin-winではなくzero-sumになってしまいます。

 anti roleはroleから獲得できている間は大変効率が良い。
 自分たちが最高だと勘違いするのも仕方ない面もあります。

 しかし、支配する公民や他国からの援助、稼ぎがなくなるとanti roleは詰みます。
 ソ連が農業・地下資源があったこともあり一時期強いと思われたことは仕方がないでしょう。

 しかしあまりにも自分勝手にふるまうと、西側と敵対してしまいます。
 anti roleは自分で稼いでいるわけではないから、結局破綻してしまいました。

 チャイナもanti roleとして他人の資産や技術で儲けることで成長してきました。
 そして自分が強いとして振舞い始めましたので、西側が関係を制限してきました。

 チャイナはどんなにスパイを放とうがハニートラップを仕掛けようが、時間はどうなってもソ連の道を歩むことでしょう。

2022年9月18日 (日)

人類にマスコミは危険

 マスコミは人々に情報を伝える存在として便利なものです。
 しかし、マスコミの存在はいいことばかりではないようです。

 20世紀にマスコミは新聞、ラジオ、テレビという手段を得て発達しましたが、その20世紀にコミュニスト、ファシストはマスコミに圧力をかけたり、またはマスコミを所有することで国民に思い通りの宣伝をすることができました。
 どんなに国民がおかしいと思っていても、マスコミが言っているので信じる人も多く、なかなかマスコミがおかしいと疑問を発する雰囲気にはありません。反マスコミがばれると反コミュニズム、反ファシズムと認識されて大変なことになります。

 第二次世界大戦のそれぞれの陣営、冷戦期の東側諸国とマスコミは国の管理下にありました。

 メジャーな国以外にもマスコミが重大な事件を起こしたことがあります。ルワンダ虐殺ではラジオが民族間の憎悪を搔き立てたため、民族間で凄惨な大量虐殺が起きてしまいました。
 人々はマスコミを信頼するため、政治状況を批判することはあってもマスコミを批判することはなかなかありません。

 そして21世紀。
 まだまだいくつかの東側諸国や独裁国家ではマスコミが時の政権勢力に支配されているところがあります。
 しかし問題なのはそこではなく、新しい勢力が西側でマスコミ支配を始めていることです。
 リベラルです。
 しかも一般人が思っている無色リベラルではなく、攻撃色が入ったリベラルです。
 西側の国民に対して、ポリコレ、フェミニズム、環境問題、反原発などなどネオ・リベラルの意見が色濃く反映され、それ以外の意見は封殺されます。
 これはファシズム社会、コミュニズム社会のマスコミと同じ状態です。
 なぜリベラルがというと、敗戦で行き場を失ったファシストや、ソ連崩壊で行き場を失ったコミュニストが看板を変えてリベラル界に参入したというのが主要因の様です。
 すなわち、今の西側のマスコミを牛耳っているのはコミュニストとファシストの残影なのです。

 気分が暗くなってきたので本日はここまでにしたいと思います。

2022年9月17日 (土)

チャイナは民主化しないだろうし近代化もなかった

 昔のことですが、冷戦が終わりソ連が崩壊して、ソ連は民主化に向かうと信じられていました。
 しかしそんなことはなかったですね。
 そして天安門事件を起こしたチャイナも、それでも経済的に世界とつながれば民主化するかとみんなが信じていましたが、こちらもそんなことはなかったのでした。

 ソ連の後継者ロシアはあちこちの隣接国で事件や領土侵略を起こした挙句、今回人口4千万の国家を侵略しようとして派手にこけつつあります。
 チャイナは清国版図を自国領と勘違いし、チベット、ウイグル、満洲、モンゴル、香港と攻略、あとは台湾を残すのみとなっています。ついでに日本領の南西諸島、北海道にも魔の手を伸ばそうとしています。

 ともかく、チャイナはいずれ民主化するだろうと、特にリベラルの人たちには信じられていたようです。しかし、そもそも近代化もしてなかったというとどうでしょう。

 チャイナの政治体制は共産主義ベースということもありますが、まったく民主化に向いていません。
 どちらかというと近代化以前の伝統中国の中央集権体制をそのまま使っているように見えます。

 まず皇帝がいますね。国家主席とか総書記とかいう名称です。
 そして国家運営を決定する最高指導部があります。これが常務委員で総書記を含め7人います。
 そしてそれを支える中央政治局委員がいます。常務委員を含め25人います。
 そして、中央政治局委員の予備候補という形で中央委員が約200人います。

 ちなみに外相(外交部長)の王毅氏は、外相というと先進国では重要閣僚ですが中央政治局委員の25人の中には入っていません。中央委員です。チャイナで外交に関して重要な位置にあるのは楊潔篪氏で、中央政治局委員です。2021年3月に米国国務長官と重要会談を行ったりしていますね。

 さて、チャイナは共産党が統治しています。
 政府も軍隊も憲法も共産党のアンダーコントロールです。
 総書記は先ほどいったように皇帝ですし、国家の運営は共産党、伝統中国でいうと貴族になります。
 軍隊は皇帝の軍隊で、国家は貴族が運営します。
 州知事や大きな市は貴族が長として統治します。
 州や藩を領地として貴族が治めるという感じなります。

 共産党になってもチャイナは伝統中国と同じ統治構造を持っているようです。
 これを民主化するというのはちょっとやそっとじゃ無理そうですよね。

 そして、伝統中国と同じ仕組みを持っているので、チャイナは伝統中国と類似の強みと類似の弱点を持っています。
 近代国家ではなく、清国の次の簒奪王朝と見て接する必要があると思います。
 それに例えば国民が共産党を倒すために立ち上がるといったことは考えにくい。

 旧世界のことを考えないといけないのはめんどうくさいですね。

より以前の記事一覧

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.