2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

2016年11月26日 (土)

この世界の片隅に

 2週間たってやっと見ることができました。
 絵とかかわいらしくて物語が淡々と進みます。
 とはいえ内容の火力の高いこと高いこと。

 すず役ののんがすごい、というかのんですずが生きた感じがする。
 誰かが、能年玲奈が芸能界から去ったから声優のんが誕生したと考えれば芸能界による追放は福音だと言っていた。
 これに同意する。
 芸能界の闇の部分よ、ありがとう。

 すずの旦那さん役の細谷佳正さんは、朴訥な生真面目な役柄が多いが、やっぱり朴念仁的な役が多いというか、すごい。
 すずの幼馴染役の小野大輔さんは、ちょっとやさぐれた兵士系の役が多いが、やはりうまくてすごい。

 なかなか見ごたえがある映画でした。
 絵のかわいらしさと内容の凄味のギャップにも萌えます。

2016年9月18日 (日)

「君の名は。 Another Side:Earthbound」(加納新太)他/「ルドルフとイッパイアッテナ」

 「君の名は。」のサイドストーリー。
 瀧in三葉で原作に無い部分を描いた第一話。
 テッシーの思いを掘り下げた第二話。
 四葉の不思議な体験を描いた第三話。
 そしてトシキが宮水家に婿入りしその後町長に転身した様子を描いた第四話。

 映画を見てから読むことをお勧めします。

 時々囁かれる、お母さんとお父さんも入れ替わりしていた説が違うこと、
 三葉が3年後の瀧と入れ替わり、お父さんが町長に転身したのは意味があること、
 すべては本編でちょっと出てきた大原さやかさんが黒幕だったのね。

 なんてね。

 「君の名は。」(新海誠)は映画版とほぼ同じなので、小説を読んでから映画を見ても良いし、映画を見てから小説を読んでも良いという感じです。
 けっこう小説を事前に読んで映画を見に行った人も多かったのではないでしょうか。

 映画ですが一緒に見たいという人がいたので二周目見てきました。
 何回見てもやはり感動する映画というのは久しぶりな気がします。
 それこそカリオストロとかナウシカとかラピュタとか。

 8月26日の公開から3週間余り経過していますが、毎回満席状態です。
 今調べたらレイトショーまで満席でした…
 若い女性がたくさん入っていてすごいのです。
 元々の新海誠ファンがこの状況に嫉妬するのもある意味わかる気がします。

*****

 「ルドルフとイッパイアッテナ」

 これも一緒に見たいという人がいたので見てきました。
 CGアニメだったので最初はディズニーとかピクサーとか思ったのですが、湯山監督と榊原監督でした。
 30年前(1986年)の作品だそうで。
 いい意味で子供向きの映画だなと思いながら見ていたら、胸騒ぎがして、そこは大団円ではなくてどんでん返しがあったという。
 いろいろ見どころが多いアニメ、日本のCGアニメも新しい感覚を世界に示せるのかも。
 やっぱり長生きはするものですね(え、使い方が違う?)。

2016年9月 9日 (金)

「君の名は。」

 やっと2週目の最後に見てきました。
 レイトショー前なのにほぼ満員、女性が結構多かった印象です。
 先週見た「Planetarian」が中高年男性ばかりだったのと対照的でした。

 物語は田舎の少女と都会の少年が入れ替わるというもので、やがてそれが夢ではないことに気が付いた二人が相手を探そうとするのですが…
 遠距離の入れ替わり物語と思っていたものが、どこかでおかしな描写が現れます。
 そして次に思わぬ事実が繰り出されます。
 そこからがこの映画の真骨頂になります。

 転校生のようだといった人がいました。
 時をかける少女のようだといった人がいました。

 神木君と上白石さんの両主人公がすごくうまい。
 入れ替わりを演じるのだもの。
 妹役の谷花音さん、12歳が小4役をやっているのですがすごいですね。

 ねたばれしないようにいろいろ書きましたが、とにかく面白い。
 ストーリーも好きですし、絵のきれいさも素晴らしいです。
 新海監督は初めて見ましたが、すごいですね。

 2週間で300万人とか。
 いったいどれくらいまで伸びるんでしょうね。

2015年12月28日 (月)

ガルパン劇場版見てきました

◇ガルパンの映画の感想きいたら皆が口をそろえて「ガルパンはいいぞ」しか言わないもんだから何もわかりゃしない。 いい大人が映画を見て「いいぞ」なんて感想しか言えないようじゃどうかと思うよ。 今から見に行ってくる。 仮にも文章を書いて銭をもらってる身ですから、まともな感想くらい言うさ。:もけら/3日目[東ツ-21a]さんはTwitterを使っています:
https://twitter.com/mokera311/status/680566038610612225

 ↓

◇ガルパンはいいぞ:もけら/3日目[東ツ-21a]さんはTwitterを使っています:
https://twitter.com/mokera311/status/680609483194646528

 お約束~。

◇『ガールズ&パンツァー劇場版』を観た以上、僕もちゃんと言っておかなきゃいけないですね…。ええ、本心から言えます。 「ガルパンはいいぞ」:田中ユタカ TanakaYutakaさんはTwitterを使っています:
https://twitter.com/tanakayutak/status/680698101988904960

 こういう感想が挙げられていたので、私も見に行きました。

 ↓

 ガルパン、良かったです。

2015年12月20日 (日)

杉原千畝/海難1890

 公開第三週目に入った杉原千畝と海難1890を見てきました。
 箱が小さくなったからとはいえかなり埋まっていました。
 年齢層は高めで女性もかなりいましたね。

 さて、杉原千畝。
 唐沢寿明さんが良い味出していました。
 満洲篇から始まりますが、リトアニアに赴任する前にも危ない橋を渡っていたようですね。
 リトアニアでユダヤ人にビザを発行したのは、なかなかに危ない橋で、しかも日本にも一部災いをもたらしたような演出がありました。
 原爆投下のことだけ抜かしていたのは、抜かした事情があるのでしょう、そう読めました。
 こうしてみると、杉原千畝が外務省を追われたのは、外務省はともかく杉原にとってはそちらの方が納得行く形だったのではないかと思われます。
 生前杉原千畝を顕彰しなかったのは、彼にとって望んだ状態だったのかもしれないと、そう思わずにはいられませんでした。
 単に杉原千畝すごい、外務省冷たいという話ではないですからね。

 次に海難1890。
 これもほとんどトルコ語でできています。
 日本パートだけ日本語みたいな。
 最初のパートは1890年(明治23年)に起こったエルトゥールル号の遭難事件を描いたものです。
 すごいなあ、というか島の人がすごいという感じです。
 そしてイランイラク戦争勃発パートが意外と長かった。
 そして、トルコの航空機が残された日本人を乗せてくれたこと、トルコの人がイランに残った(陸路で帰った)こともちゃんと描いていました。
 トルコ人の心意気の部分もきちんと出していたのではないかと。
 最後の映像で海に沈む遺品は、あれは偶然あったのかどうか。
 フィクションだったらきざな演出ですがこれってノンフィクションですよね。

 どちらの作品も面白かったです。

2015年8月21日 (金)

「バケモノの子」

 細田監督の「バケモノの子」を見てきました。
 公開から40日後のレイトショーでしたが、そこそこ入っていて20代くらいのカップルも多かったです。
 レイトショーだから子供の入りはわからんかったけど。

 作品のネタバレは最小限にするけど、バケモノの世界に迷い込んだ少年が、バケモノの師匠と出会い動いていく物語です。
 バケモノの師匠役の熊徹が役所広司さんで、あなた実写でもアニメでもこの夏主役級ですなあという感じですが、いい味出してます。
 時をかける少女(筒井さん原作)、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪、と続きましたが今まででいちばんファンタジーワールドでしたね。

 細田監督の人間の闇の描き方がどうも人によって評価が異なるみたいで、けちょんと言ってしまう人も多いみたいですが、私は業師だと思いますけどね。
 あとこの監督さんはハッピーエンドはそもそも眼中にないんだろうなという、不安定な終わり方しますよね。これまでの作品を見ても。
 一見ハッピーエンドだけど、監督自分でハッピーじゃないよって思っているでしょ的な。

 これは見る人によって感想が違ってくるし、評価がばらばらなのは当たり前でしょう。
 一言で言って味がある作品だなあと思います。
 面白かった。

2015年8月10日 (月)

日本のいちばん長い日を見てきました

 レイトショーで見てきました。
 おっさんおばさんばかり、ヤマトより年齢層が上と言ったらいいのか。

 さて、キャストですが阿南陸相に役所広司、昭和天皇に本木雅弘、鈴木首相に山崎努というなかなかに濃いメンバーでした。
 鈴木内閣の組閣から玉音放送までの間を描いています。
 本物がどうだったかは存じ上げませんが、山崎さんの鈴木首相が味がありすぎて持っていかれました。
 そして本木さんの昭和天皇、こんなに玉音をたくさん流す映画は珍しい。
 また、本木さんの演技はけっこうはまっていたのではないでしょうか。
 素直に凄いと思います。
 役所さんの阿南陸相はメインキャストなのですが、ものすごくいい人に描かれていてちょっと薄味だったのかな。
 でも淡々といい演技をされていました。
 ちょっとびっくりしたのが、東條英機役の人。
 あまり知らない方ですが、すごく東條英機していました。
 玉音放送が決定し和平反対派の若手将校が決起しますが、ちょっと見た目唐突だった気がするのが残念かな。
 それでも若手将校の畑中少佐役の松坂桃李くんが、無茶な若者役をこなしてくれました。
 いいよ、あの若いのが目を血走らせている感じ。
 最後は玉音放送で終わります。

 最後の夏は暑かったのだろうな。
 戦後70年の夏に見ておく映画の一つだと思います。

2012年10月13日 (土)

宇宙戦艦ヤマト2199第三章果てしなき航海

初回は混むかなと思ってたけど、上映20分前くらいでも問題なかった。
というか割と空いていた。

YRAラジオヤマトが始まるということと、太陽系を離れるというイメージから、第三章は艦内ラジオで「真っ赤なスカーフ」をかけながらエンディングへ向かうんだろうな、と2章の後くらいで妄想していたら、ばっちり予想通りだったのでうれしかった。
出渕監督と同じ感覚だったのも嬉しい。

さて、以下はネタばれ。

森雪がここ一年の記憶しかないというのはフラグかミスリーディングか?
新見と伊東はセリフが意味深過ぎる。
真琴は酒癖が悪いことが判明。
藪は新見狙いだったのか。
山本の風呂上りシーンは特に意味なかった。

山ちゃんのガミラス語での演説。
デスラーが恐怖ではなくて敬愛で臣民に好かれているようだ。
やっぱり波動砲でフレアを撃つんだ。
セリフが旧作を踏襲していてる。
シュルツの最後が・・・
ガミラスも波動砲が出る可能性が示唆。
ボッシュートが踏襲されていた。

第9話部分はオリジナル回。
オルタが見た艦の女神様って?
文学作品の流れっぽい感じ。
これでガミラスの理論体系が地球のものと共通項が多いことが判明。

岬百合亜が見た女性って?
メルダのエスコートとして山本がゼロで出撃していたんだ。
ガミラス語で通訳しようとするアナライザーをさえぎり、自分で翻訳装置を作動させ日本語で話すメルダ。
メルダの話からすると、どうやらガミラス側では地球が宣戦布告なしで攻撃してきたことになっているらしい。
真珠湾攻撃のオマージュか?
異次元空間の壁を波動砲で壊します。
ヤマトをメルダごと置き去りにしようとするガミラス人将校。
しかも外部に通信してるし。
ガミラス艦艦長は約束を守ってヤマトを異次元空間から引っ張り出すが、そこにゲールが艦隊を率いてワープアウト。
射線上に友軍がいるのに攻撃するゲール。
ゲールに撃沈されてしまうかわいそうなガミラス艦。
罰が当たって異次元空間の膨張に飲み込まれるゲール艦隊。
自分だけワープで逃げようとするゲール。
乗艦が味方に撃沈されて帰れなくなって呆然とするメルダ。
ヤマトを助けてくれたガミラス艦が友軍に撃沈されてしまう展開って・・・
ゲールの最低さが出てて良かった。
メルダをヤマトに置き去りにして終わるのか・・・

うわ第四章が早く見たい!

2012年4月 8日 (日)

【宇宙戦艦ヤマト2199】劇場公開~第一章

 宇宙戦艦ヤマト2199です。
 実家ではファミリー劇場が入るので、第1話先行放送(4/6、21:30-)を見るために有給休暇を取って実家に帰りました。
 事実の全部じゃないけど嘘じゃないです。

 さて、4/7から上映されている第1章。
 近所の映画館に見に行きました。
 幸いそんなに混んでなかったので次の回で見ることができました。
 映画泥棒(笑)の直後にいきなり始まるので心の準備が要りますね。
 第1話の後すぐに第2話。
 そしてED。
 その後にOPで予告というのは仕方ないか。

#1 「イスカンダルの使者」
#2 「我が赴くは星の海原」

 いや~良かったですよ。
 いろんなところで涙腺が・・・

Sn3r00120001

 見た証拠に劇場に入る前にもぎりのお姉さんに貰ったステッカーを。
 各章で貰えるようです。
http://yamato2199.net/showinfo.html

 7つ集めるといいことがあるのか?

 (番組が違う!)

*****

 第2章は6/30から公開です。
 Blu-ray&DVDの発売日は7/27(予約締切6/18)

#3 「木星圏脱出」
#4 「氷原の墓標」
#5 「死角なき罠」
#6 「冥王の落日」

 第1章は5/25発売。
 予約は済んだ!

*****

 これから1ヶ月ごとに楽しみが続きますな。

2012年3月18日 (日)

「ストライクウィッチーズ 劇場版」

 「ストライクウイッチーズ 劇場版」を見てきました。

 少女が大空で戦うアニメで、スポ根ものというかなんと言うか、好きです。
 誰かと一緒に見に行くにはちょっと恥ずかしいかもしれないのですが・・・
 角川が出してるんだから問題ない!

000010225

 第1期と第2期の計24話を見ておくと、楽しさが倍増します。

 ある意味で他人には紹介しにくいけど(また言う)。

 良い作品ですね~。

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.