2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

2017年4月 9日 (日)

「ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵<上>-」(虎走かける)

 獣堕ちである傭兵と絶世の美女である魔女ゼロとの世界を巡る冒険の第9巻。
 題名はゼロの傭兵。
 ゼロと傭兵は苦難の旅程の末教会騎士団とともに北のノックス大聖堂に到着します。
 そして明らかになる教会と魔女の歴史。
 既にゼロの師匠により世界の半分は滅び、魔女や獣堕ちは人々の敵となっています。
 この世界でゼロと傭兵と、彼らの友の想いが物語を進めていきます。
 登場人物同士の会話が、軽いものも重いものも印象的です。
 終盤はいよいよ物語のラストに向かう感じでしょうか。
 いろいろ衝撃的な展開ですが。

 あとがきで作者が別の表現で述べていますが、こういうのって登場人物だけでなく世界が勝手に動くのでしょうね。

 4月10日からゼロから始める魔法の書のアニメが始まります。
 http://zeronosyo.com/

 ラジオも始まりました。
 http://www.onsen.ag/program/zeronosyo/

 早く10巻が読みたいのですが。

2017年3月19日 (日)

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(マイディー)

 ファイナルファンタジーXIV(FF14)はスクエア・エニックスが運営するMMORPG。
 多数のプレイヤーが参加するこのゲームでは、有志がネットを使ってゲームの楽しさを綴っています。
 その中の一つ、マイディーさんが書いている「一撃確殺SS日記」(http://sumimarudan.blog7.fc2.com/)は人気のあるブログの一つです。

 ある日、マイディーさんのお父さんがPS4を入手したことから、マイディーさんはある一つの計画を立てることになります。
 「光のお父さん計画」
 お父さんにF14をプレイしてもらい、自分が内緒でお父さんのフレンドになり、難敵を倒したことろで息子であることを明かす。

 マイディーさんのFC:じょびネッツアの仲間とともに進める光のお父さん計画は、当時ものすごく話題になっていました。
 その顛末については、ブログでもありますが本書を読むとまた違った味わいがあります。
 本体価格1800円とちょっとした値段ですが、文書も絵も綺麗なのでそれだけの価値はあるかなと思います。

 そんな光のお父さんですが、4月からドラマ化されます。
◆MBS/TBSドラマイズム「光のお父さん」公式ウェブサイト(http://hikarinootosan.jp/

 このドラマのゲームパート(エオルゼアパート)でマイディー役となる南條さんのラジオ「南條愛乃・エオルゼアより愛をこめて」でも「光のお父さん」の宣伝がされています。
 3月17日配信分ではマイディーさんと南條さんのダブルサイン本について触れられていましたね。

 ブログ版でも本書でも楽しい光のお父さん。
 テレビ放送の方も楽しみですね。

2017年3月12日 (日)

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ―」(時雨沢恵一)

 ソードアート・オンラインのスピンオフ小説第6弾。
 今回はスクワッド・ジャムではなく、歴代大会の上位入賞チームのみが参加できるゲームのテストプレイのお話。
 レン、フカ次郎、ピトフーイ、エムのLPFM、ボスたちのSHINCなど歴戦の強者たちが集います。
 最新AIの敵NPCが守る拠点を攻略する、というものです。
 もちろん各チーム同士で戦いあうことも可能。

 各チームがそれぞれ先陣を争って突っ込みますが、このNPCなんだか強いですよ。
 これまでやられ役に見えたチームが意外な強みを見せたりします。
 あのピトフーイが他の人を褒めるところがみられるとは。

 そしてこのゲーム、例の小説家が絡んでいますが今度は何をする気でしょうかね。

 あと黒星紅白さんのイラストのフカ次郎(リアル)がかわいかったですね。
 あ、SHINCの面々もですが。

2017年2月26日 (日)

「人口の世界史」(マッシモ・リヴィ-バッチ)

 人口学と歴史人口学のマッシモ・リヴィ-バッチ教授が記した文字通り人口の世界史。
 世界史の流れを人口学の立場から切り込みます。
 著者はイタリア人ということもあり、ヨーロッパから新大陸への人口移動などの影響についてのまとめが詳しいです。
 世界史の本としては訳者あとがきでも触れられているジャレド・ダイアモンド氏の著書などがありますが、リヴィ-バッチ教授が著した本書はもっと歴史人口学的な立場で書かれているので、どこまでわかっていてどこからが解明されるべきことかが整理されています。
 こっちの方が派手さはないけど堅実で教科書的ですね。
 人口の過去、現在、未来についてまとめられていますが専門書なのでとにかく読むのが骨でした。

2017年2月25日 (土)

「銀河連合日本IV」(松本保羽※)

 今回は日本とティエルクマスカ銀河星間共和連合が正式に国交を樹立するするところと温泉旅行がメインです(マテ)。
 信任状捧呈式とか秘密部隊とか派手な動きはありますが、ここでニーラ副局長(地球年齢換算だと女子高校生に相当)が登場します。
 いわゆる天才少女科学者なのですが、この子がこれから重要人物になってきます。
 ある意味この物語のもう一つのアイコンですね。
 ドジっ子ですが…

 この小説はSFものファンタジーものでもありますが、基本は架空戦記です。
 ゲートと同じで、いろいろ目くじらててる人も出てくるとは思いますが気にしない。
 細かいことはいいんだよ!

 マサトとフェルが巡る旅を温かい目で見守っていきましょうか。

※「松」は木へんに船のつくり

2017年2月19日 (日)

「科学嫌いが日本を滅ぼす 『ネイチャー』『サイエンス』に何を学ぶか」(竹内薫)

 サイエンス作家の竹内薫さんが日本の科学の復権を願って付けたこの題名。
 とにかく日本の科学の地位はあまりにも低く、科学への風当たりはあまりにも強いのが現状です。
 このままでは日本で科学を目指そうという人がどんどん減ってしまい、やがては日本が世界から遅れてしまうのではないかという危機感が伝わってきます。
 一方、日本とは異なり米国や英国など海外では科学の地位は日本ほど低くはなく、むしろ高いのです。
 その科学の地位を担うものとして米国ではサイエンスが、英国ではネイチャーがそれぞれ世界を代表する科学雑誌として存在しています。
 第I部ではネイチャーやサイエンスが現在のようになった歴史について、第II部では科学の暗部について、第III部では日本の科学について述べられています。
 特に日本について、第8章のはやぶさと第11章の原発事故のところでは日本の科学があまりにも世論と、より強くはマスメディアに影響される現状への疑問が呈されています。
 面白いのは第9章の英語の問題で、英語を母語としない人は英語に関して表現がどうしても拙くなる点が指摘されています。
 日本語を母語とする人は日本語で思考するのが当然パフォーマンスが良いので、日本の英文科学雑誌が今以上に普及したらよいのにとのこと。
 あと日本人社長が英語でしゃべるとひどく拙く聞こえるケースがあるので、それくらいだったら一流の通訳を使って発信した方がかっこいいのに、というくだりには大いに頷くところです。

 本当に日本での科学の地位はもう少し、いやだいぶ上げないといけませんね。

2017年2月12日 (日)

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13」(聴猫芝居)

 今回で13巻目、オンラインゲームを現実で扱うという作風でここまで続くとは思っていませんでした。
 物語中では2年生の5月。
 ネットゲームではギルド・アレイキャッツを中心した連合パーティーでレイドに挑戦することで盛り上がっています。
 リアルでは生徒会長選挙が行われ、ネトゲ部では唯一まともとされているセッテが立候補することになります。
 そして1年生からも一度ネトゲ部に来たことのある涼香ちゃんが立候補。
 一方ネットゲームではレイドが難航。
 全体を指示できるコマンダーモードでレイドボスに対抗する手段に出ます。
 何名かのポンコツコマンダーの後、満を持してセッテ登場。
 セッテはレイドボス討伐と、リアルの生徒会長選挙とを乗り越えることができるか。

 今回はセッテこと秋山さん回です。
 アプリコットと違った意味で無敵に見える彼女の奮闘が見ものです。
 そして地味に瑞姫とみかんがいい動きをしていますね。

 それにしても今回のレイドボスとかギミックとかパーティー編成とか、FF14が半分以上入ってないですかね。

2017年2月 8日 (水)

「声優語 ~アニメに命を吹き込むプロフェッショナル~」(藤津亮太)

 11人の声優に対してのロングインタビューをまとめたものです。
 それぞれの声優の経験や考え方、感じ方について触れられています。
 読んでいて感じたのはどの声優も他者との関わり方を大切にしているということ。
 皆傷つき励まされながら歩んできたのだなと。
 声優の方々は他者とだけでなく自らとも闘っている。
 だから私たちは魅せられているのだなと感じるのです。
 ぜひ第二弾もお願いします。

2017年2月 5日 (日)

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(田中圭一)

 うつというのはやっかいで、その状態にならなければなかなか理解されないことが多いのです。
 今回自身でうつの経験がある漫画家の田中圭一さんが他の人の経験も含めてうつのことを描いています。
 作者も言っているように学術的なものではありませんが、いくらか目安になるのかな。
 各話とも心に残るエピソードとなっています。
 個人的にはゆうきゆう先生の回や一色信幸氏の回の最初のページが気に入っています。
 ひょっとすると誰かの助けになるかもしれない。
 そんな本です。

2016年12月29日 (木)

「女騎士、経理になる。(2)魂の負債」(Rootport)

 女騎士、経理になる。の第2巻。
 女騎士、黒エルフ、司祭補の女性3人組が主人公側ですが、その他にもいろいろ面白い人物が登場しています。
 帝都銀行の秘書や財務大臣などライバル側も単に主人公側を邪魔するためだけに活動しているわけではありません。
 とはいえ話の進行上、実質お互いを邪魔だと思い合っているのですが。

 さて、この巻では女騎士は船舶レースに出場するため黒エルフや司祭補たちと別行動になります。
 そして残された黒エルフたちの方では、地動説やらギャンブルやらの騒動に巻き込まれていろいろ大変なことに。
 簿記の知識を入れ込みながら話が展開していきます。

 最後の著者のあとがきは東西のお金に関する意識の違いです。
 関東関西あるある。

より以前の記事一覧

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.